« キリスト教同士の戦い ナポレオンの侵攻:Malta/Valletta | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒 聖ラザロ教会:Cyprus Ralnaka »

2008年9月24日 (水)

ローマ帝国とキリスト教徒、アラブ支配 聖パウロのカタコンベ:Malta Rabat

Img_0222 聖ヨハネ騎士団がマルタにやって来る以前に、マルタの首都として栄えていたのがイムディーナとラバト。細い曲がりくねった路地は、神秘的な雰囲気を感じさせる。

マルタがアラブに支配された9世紀にに、イムディーナを囲む城壁が作られ、で囲まれた部分をイムディーナとし、ラバトはその外部にあたるそうだ。

それ以前の2世紀から9世紀は、ローマ帝国領であり、その時代の遺跡も多い。

聖パウロのカタコンベ(地下墓地)は、4~6世紀のローマ時代の遺跡。近くには17世紀に建てられた同じく聖パウロの名を称する聖パウロ教会がある。カタコンベの中に入ると、狭い入り口からは予想できないほど広大な地下スペースが広がる。なんと、広さ222,000㎡あるそうだ。中は暗くて迷路のよう。(写真はフラッシュをたいているので明るく写っているが)1000もの墓地が連なり、4~6世紀にキリスト教徒がここに埋葬された。 回っているうちに気味が悪くなってきた。

入ってすぐの広いスペースには、埋葬の際に会葬者がお別れの食事をしたと言われる大きな岩を使った「アガペ・テーブル」もあった(写真)。

Img_0214_small

Img_0219

|

« キリスト教同士の戦い ナポレオンの侵攻:Malta/Valletta | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒 聖ラザロ教会:Cyprus Ralnaka »

訪問地 Photo Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521659/42575838

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ帝国とキリスト教徒、アラブ支配 聖パウロのカタコンベ:Malta Rabat:

« キリスト教同士の戦い ナポレオンの侵攻:Malta/Valletta | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒 聖ラザロ教会:Cyprus Ralnaka »