« キリスト教同士の戦い 第二次世界大戦:Malta Vittoriosa | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒、アラブ支配 聖パウロのカタコンベ:Malta Rabat »

2008年9月24日 (水)

キリスト教同士の戦い ナポレオンの侵攻:Malta/Valletta

Img_0208_small

この街は、16世紀のオスマントルコについで、19世紀のフランス、ナポレオン軍、そして20世紀は第二次世界大戦のドイツ軍と、大きな戦いの舞台となっている。

オスマントルコを退け、その勢いを誇った聖ヨハネ騎士団も、その後の宗教改革の影響や規律の緩みにより、19世紀に入ると勢力も弱まってしまっていた。ナポレオン軍の侵攻に対してたいした抵抗をすることなく、フランスに侵略されてしまったという。騎士団はここで島を追われることとなる。

写真は、ヴァレッタ市民の憩の場である「アッパー・バラッカ・ガーデン」。もともとは騎士の憩のために造られたそうだが、公園からふと下をのぞくと、堤防の上に大砲が並べられている。さすがに今のそれはオブジェだろうが、過去にはここも戦場となり、ナポレオンの戦艦が海から砲弾をうちこんできたのかもしれない。

その後、マルタ住民はフランスと対立するイギリスに保護を求め、その後20世紀にいたるまでイギリスの保護領となる。第二次世界大戦時には、対ドイツにおける前線基地として、また戦場となるのである。

|

« キリスト教同士の戦い 第二次世界大戦:Malta Vittoriosa | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒、アラブ支配 聖パウロのカタコンベ:Malta Rabat »

訪問地 Photo Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521659/42575822

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト教同士の戦い ナポレオンの侵攻:Malta/Valletta:

« キリスト教同士の戦い 第二次世界大戦:Malta Vittoriosa | トップページ | ローマ帝国とキリスト教徒、アラブ支配 聖パウロのカタコンベ:Malta Rabat »