« 「民族」を考える~新しいイデオロギーは? | トップページ

2008年9月25日 (木)

地中海で日本を考える

キプロスに到着した日、ホテルでインターネットが使えるということだったので久しぶりにネットを見てみる。そこで飛び込んできたのが、Niftyの福田首相辞職のニュース。ええ?しばらく日本のニュースを見ていなかったので、いったい何があったのか、まったくわからない。驚くと同時に、なぜ今、辞職表明なのかわけがわからなかった。

ネットの情報では「辞職」という事実しか書かれていなかったので、記者会見でもやらないかとTVのニュースチャンネル(CNBC?)をつけてみてみる。

ところが、繰り返しニュース番組が放映されているにもかかわらず、なかなか福田首相退陣のニュースに触れられない。トップニュースは、共和党の副大統領候補がペイリン氏で決まり、彼女の娘が16歳で妊娠していてなんたらかんたら・・・というもの。これはまあいい。その次のニュースは、イギリスの大富豪が妻子を殺害しただとか、そんな話だ。しばらくして、やっとニュース番組の最後に日本の首相が辞職したということが放映された。残念ながら記者会見の様子については、中継はおろか、録画さえもほとんど放送されなかった。

日本の、特に政治の存在感の低下を端的に示している気がし、非常に寂しく感じた。

CNBCは、ヨーロッパ圏で作成・編集されていると思うが、確かに日本はよー路一派からすれば距離的に遠い。特にキプロスでは、空港以外に日本人を全く見ないほど遠い国だ。しかし、街には日本車が当然のように走っている。日本の電気製品の看板や広告も驚くほど目にする。決して縁の薄い国ではないはずだ。それに比べ、このニュースの扱いはどうしたことか?

二人の首相が続けて途中で政権を投げ出すという事態に、世界もあきれたのだろうか? 個人ではどうしようもないのに、どうにかしなくちゃ、と感じた夜だった。

|

« 「民族」を考える~新しいイデオロギーは? | トップページ

サバティカルにあたって」カテゴリの記事

旅を終えて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521659/42585693

この記事へのトラックバック一覧です: 地中海で日本を考える:

« 「民族」を考える~新しいイデオロギーは? | トップページ